銀行カードローン金利比較

スポンサードリンク

スポンサードリンク

高知県銀行カードローン金利比較

1位 プロミス








⇒【プロミス】審査は最短30分♪



実質年率 4.5%~17.8%

限度額 500万円

30日間無利息サービス

◆10万円を30日間借りると
100,000×0.178÷365×30=1,463

◆30万円を30日借りると
300,000×0.178÷365×30=4,389

◆50万円を30日借りると
500,000×0.178÷365×30=7,315

上記利息分がなんと無料で借りれます!

2位 アイフル



⇒アイフル
実質年利 4.5~17.8%
限度額 500万円

30日間無利息サービス

インターネットでお申込みからご融資まで来店不要で全て完了

最大50万円以下は原則収入証明書類不要!

3位 静岡銀行 セレカ



⇒静岡銀行カードローン[セレカ]
実質年率 年4.0~14.5 %

限度額 500万円

最大45日間分の利息をキャッシュバック

インターネットからのお申込みなら、最短30分審査回答!

新規ご契約の方は、ご契約から最大45日間の利息をキャッシュバック

4位 じぶん銀行



⇒じぶん銀行カードローン

実質年率 年1.7~12.5 % (借換コース)

限度額 800万円

毎回の返済額は1,000円からでもOK!

ATM手数料が完全無料!
全国のコンビニで365日ご利用可能!

5位 おまとめローン 中央リテール




⇒おまとめローンなら中央リテール

ブラックで借入出来ない人も、一つにまとめることで、借りる事が出来る可能性が高まります。

金利の高いローンを
金利の低いローンに
一本化したい方向けの商品です。





カードローンの借り換えにおいては、借入利率がどのくらいなのかも大切ですが、それよりも必要最低限のお金を工面してもらえるかどうかが重要になってきます。
低金利で注目されているおまとめローンをセレクトするときは、大事なことがあるのです。それは、上限金利が低いということなのです。10万円単位の借入金の場合、上限金利が適用される決まりだからです。
業者間で審査基準に幾らか差が見受けられます。現実に私が申し込んでみて、審査が甘いと思った消費者金融をランキング順に羅列しましたので、閲覧していただきたいです。
無利息で借金できる期間を30日と定めているローン会社が多い印象ですが、例外的なものとして7日間という短い期間に限定する代わりに、すべての借金を返済したら次の月から同じ期間無利息で貸してくれるところも存在しています。
この頃利用者が増えてきたカードローンの借り換えとは、借り入れ利息負担や長期間に及ぶ支払い負担を軽くすることを狙って、現行の借入先とは違う金融機関に借入先をシフトすることを言っているのです。

次回の給料日に全部返すなど、1ヶ月という期間内にお金を返す腹積もりのある人は、無利息期間を設定しているカードローンを利用することを最優先にすべきだと言っていいでしょう。
カードローンの審査と申しますのは、申し込む時に入力される情報をベースにして、お客さんの信用度をチェックするために実施されます。堅実に返済可能であるかという部分がすごく大事だとされています。
カードローンの借り換えをすることで得られるメリットは、言うまでもなく金利を低減できることです。一般的に一旦契約を済ませてしまったカードローンの貸付利率は、途中からは滅多に下げて貰えないと考えてください。
どの業者で借用すべきか悩んでいるといった方の為に、項目別に消費者金融をランキング付けしてみました。確実に役に立つと自負しております。
カードローンの審査をパスすることができない理由として、何より多いのが過去の滞納です。借り入れ件数にかかわらず、手堅く返済している人というのは、貸す方から見ればとても好ましい顧客だと言えるのです。

「無茶のない返済プランで融資してもらいたい」という方は、低金利がメリットのフリーローンを利用するべきだと考えます。借入金額が同じでも、返済する金額の合計が大幅に異なってきます。
キャッシングをするに際して、必ず学んでおきたい基礎知識はいろいろありますが、特に大事だと言えるのが総量規制でしょう。
おまとめローンを使って借金するなら、何はともあれこれまでと比べて低金利になる銀行を選びましょう。現在と変わらない利率のおまとめローンでは、利点はひとつもないというのは言うまでもありません。
キャッシングの申込方法の中でも今流行りのネット申込は、旅行中でも会社でも手続きができますし、審査に費やす時間も短くなりますから、即日融資をしてもらうことも可能です。
確かにお金を貸すことをしますが、銀行は「貸金業者」にはカテゴライズされておらず、あくまで「銀行」ですから、貸金業法に縛られる対象にはなりません。端的に言えば、銀行のキャッシングサービスは総量規制を考慮しなくても大丈夫だということです。