銀行カードローン金利比較

スポンサードリンク

スポンサードリンク

香川県銀行カードローン金利比較

1位 プロミス








⇒【プロミス】審査は最短30分♪



実質年率 4.5%~17.8%

限度額 500万円

30日間無利息サービス

◆10万円を30日間借りると
100,000×0.178÷365×30=1,463

◆30万円を30日借りると
300,000×0.178÷365×30=4,389

◆50万円を30日借りると
500,000×0.178÷365×30=7,315

上記利息分がなんと無料で借りれます!

2位 アイフル



⇒アイフル
実質年利 4.5~17.8%
限度額 500万円

30日間無利息サービス

インターネットでお申込みからご融資まで来店不要で全て完了

最大50万円以下は原則収入証明書類不要!

3位 静岡銀行 セレカ



⇒静岡銀行カードローン[セレカ]
実質年率 年4.0~14.5 %

限度額 500万円

最大45日間分の利息をキャッシュバック

インターネットからのお申込みなら、最短30分審査回答!

新規ご契約の方は、ご契約から最大45日間の利息をキャッシュバック

4位 じぶん銀行



⇒じぶん銀行カードローン

実質年率 年1.7~12.5 % (借換コース)

限度額 800万円

毎回の返済額は1,000円からでもOK!

ATM手数料が完全無料!
全国のコンビニで365日ご利用可能!

5位 おまとめローン 中央リテール




⇒おまとめローンなら中央リテール

ブラックで借入出来ない人も、一つにまとめることで、借りる事が出来る可能性が高まります。

金利の高いローンを
金利の低いローンに
一本化したい方向けの商品です。





無利息で借金できる期間を30日にしている金融業者が大部分ですが、一方で7日間という短期間に限定する代わりに、完済すれば翌月以降同様に無利息で借り入れることができるところもあります。
銀行が行っているおまとめローンは街のサラリーローンより低金利で、大きな額のローンも受け付け可能なため申し分ないのですが、審査が厳しく何日も待たされるところがネックです。
カードローンの審査で問われるのは今の収入とかキャリアですが、以前の借入が問題視されることも往々にしてあります。以前に借入していたことは、日本信用情報機構などで確認できるようになっているので、嘘をついても無駄です。
総量規制と言いますのは、過度な借入れから私たち消費者を守ってくれる法規制の一種ですが、「総量規制の条件に該当してしまうと、決して借り入れできなくなる」というのは間違いです。
カードローンの金利を比較検討する際は、「上限金利」と「下限金利」の2つに分けてから行なうことが重要です。そのわけは、金利は「借入金額次第で変わってくる」からです。

銀行が展開しているカードローンは、消費者金融が提供しているカードローンと比較検証してみると低金利であり、さらに総量規制の対象になっていないので、年間収入の3分の1より大きい金額の貸出も不可能ではありません。
消費者金融にてお金を借りる際、借り入れの金額によっては収入証明書は不要です。CMを打っているような消費者金融では、総じて50万円より少額の借金であれば、提出しなくてもOKです。
消費者金融においては、一定金額以上の借り入れを申し込む時は収入証明書を要求されます。「収入証明書が要因で親しい人に知られてしまうのではないか?」と気にする方もいます。
カードローンを調べてみると、それぞれ異なった特徴が見受けられ、融資利率や上限額をはじめ、表記されている基礎データだけでは、比較検討するのは厄介だと言って間違いありません。
オートバイを購入するなど、使途が決められている目的別ローンは、金利につきましてはフリーローンよりもっと低金利であるということで人気があります。

いろいろなキャッシング企業からお金を借りているために、多額の返済が課せられて頭を抱えている人は、カードローンの借り換えを実施することを検討してみた方が良いのではないでしょうか?
有名な消費者金融にも30日間にわたって無利息になるサービスがありますが、結局最初の30日間だけなので、どう考えても低金利がずっと続く銀行が推進しているフリーローンの方が良いと思います。
その日のうちに融資してもらえる即日融資は、大多数の金融機関で扱っていると言えるほど、世間に浸透してきています。一番気になる金利についてもキャッシングサービスによっていささか異なっているものの、大きな開きはありません。
カードローンの借り換えをする場合も、債務を返していけるかどうかを判断するために審査が行われます。言うまでもありませんが、この規定の審査に通らないと、借り換えをすることはできないわけです。
消費者金融の場合は、総量規制の壁に阻まれて年収の1/3超の金額はキャッシングできません。当人の年収をチェックするためと支払い能力があるのかを裁定する為に、収入証明書の提示が必要となるのです。