銀行カードローン金利比較

スポンサードリンク

スポンサードリンク

沖縄県銀行カードローン金利比較

1位 プロミス








⇒【プロミス】審査は最短30分♪



実質年率 4.5%~17.8%

限度額 500万円

30日間無利息サービス

◆10万円を30日間借りると
100,000×0.178÷365×30=1,463

◆30万円を30日借りると
300,000×0.178÷365×30=4,389

◆50万円を30日借りると
500,000×0.178÷365×30=7,315

上記利息分がなんと無料で借りれます!

2位 アイフル



⇒アイフル
実質年利 4.5~17.8%
限度額 500万円

30日間無利息サービス

インターネットでお申込みからご融資まで来店不要で全て完了

最大50万円以下は原則収入証明書類不要!

3位 静岡銀行 セレカ



⇒静岡銀行カードローン[セレカ]
実質年率 年4.0~14.5 %

限度額 500万円

最大45日間分の利息をキャッシュバック

インターネットからのお申込みなら、最短30分審査回答!

新規ご契約の方は、ご契約から最大45日間の利息をキャッシュバック

4位 じぶん銀行



⇒じぶん銀行カードローン

実質年率 年1.7~12.5 % (借換コース)

限度額 800万円

毎回の返済額は1,000円からでもOK!

ATM手数料が完全無料!
全国のコンビニで365日ご利用可能!

5位 おまとめローン 中央リテール




⇒おまとめローンなら中央リテール

ブラックで借入出来ない人も、一つにまとめることで、借りる事が出来る可能性が高まります。

金利の高いローンを
金利の低いローンに
一本化したい方向けの商品です。





銀行が展開しているカードローンは、総じて300万円までの範囲内なら収入証明書は取得不要になっています。消費者金融と比較してみると、その点ではお手軽だと言っていいと思います。
キャッシングの申込方法の中でもメインになりつつあるウェブ申込は、家でも仕事の最中でもできますし、審査に費やす時間も短くなりますから、即日融資もできなくはないのです。
結婚している場合、家族を養育しているという観点から信頼性がアップすることが多いようですが、こういったカードローンの審査項目をある程度理解しておくと、役立つこと請け合いです。
無利息が適用される期日を30日間限定としているローン業者が目に付きますが、一方で7日間という短い期間設定の代わりに、お金をすべて返せば次月より同じ条件でキャッシングできるところもわずかですが存在します。
キャッシングで適用される総量規制からは除外されるケースがあります。例を挙げると、「おまとめローン」を組むといった場合は、総量規制は適用されず、年収の3分の1を上回る借金が可能ということなのです。

キャッシングの申込方法はいろいろありますが、主流となっているのがインターネットを使った申し込みみたいです。ローン申込から審査がどうだったかの確認、本人確認の手続きまで、最初から最後までオンラインで行なえます。
大手銀行や消費者金融が提供しているカードローンのおおかたが、迅速な即日融資を最大のウリとしていて、申し込んだその日の間に好きなようにお金を借りることができるのです。
銀行ローンの一種であるおまとめローンは主要な消費者金融よりも低金利で、百万円単位のローンも取り扱っているので重宝するのですが、審査が難しく結果が出るのが遅いところが弱点です。
「今の自分がカードローンの審査に受かるかどうか」不安を感じる人もいるはずです。そうした方にお役立ていただくために、「審査に落ちやすい人のプロパティ」というものをご披露したいと思います。
どんなときでも即日融資サービスで借り入れできるというわけではありません。過半数の業者はウイークデーの午後2時までに申し込みをしなければ、即日に現金を手に入れることはできません。

おまとめローンを申し込む目的は、高金利のローン提供業者から低金利のローン提供業者に切り替えることで、一回あたりの返済額を軽減するのに加えて、支払いトータル額の減少を現実化することだと言っていいでしょう。
カードローンの借り換えを行うなら、何と言いましても低金利を打ち出している金融業者を選ぶのが大切です。がんばって借り換えたにもかかわらず、かつてのカードローンの利子と同じでは努力が無駄になってしまいます。
カードローンは、一社毎に違う特徴が見受けられ、金利や融資限度額をはじめ、明記されている誰もが知ることができるデータだけでは、比較検討するのに難儀するというのが実態です。
経験するとわかるのですが、審査基準に少なからず差があることは間違いありません。過去に私が借り入れの申し込みを入れてみて、審査が手緩いと感じた消費者金融をランキング順に羅列しましたので、比較検討していただければ嬉しいです。
無利息と規定されている期限内に返済が不可能だったとしても、制裁金みたいなものがあるわけではないので、キャッシングの利用を考えている人は、先ずもって無利息期間を打ち出しているキャッシング業者を利用すべきでしょう。