銀行カードローン金利比較

スポンサードリンク

スポンサードリンク

東京都銀行カードローン金利比較

1位 プロミス








⇒【プロミス】審査は最短30分♪



実質年率 4.5%~17.8%

限度額 500万円

30日間無利息サービス

◆10万円を30日間借りると
100,000×0.178÷365×30=1,463

◆30万円を30日借りると
300,000×0.178÷365×30=4,389

◆50万円を30日借りると
500,000×0.178÷365×30=7,315

上記利息分がなんと無料で借りれます!

2位 アイフル



⇒アイフル
実質年利 4.5~17.8%
限度額 500万円

30日間無利息サービス

インターネットでお申込みからご融資まで来店不要で全て完了

最大50万円以下は原則収入証明書類不要!

3位 静岡銀行 セレカ



⇒静岡銀行カードローン[セレカ]
実質年率 年4.0~14.5 %

限度額 500万円

最大45日間分の利息をキャッシュバック

インターネットからのお申込みなら、最短30分審査回答!

新規ご契約の方は、ご契約から最大45日間の利息をキャッシュバック

4位 じぶん銀行



⇒じぶん銀行カードローン

実質年率 年1.7~12.5 % (借換コース)

限度額 800万円

毎回の返済額は1,000円からでもOK!

ATM手数料が完全無料!
全国のコンビニで365日ご利用可能!

5位 おまとめローン 中央リテール




⇒おまとめローンなら中央リテール

ブラックで借入出来ない人も、一つにまとめることで、借りる事が出来る可能性が高まります。

金利の高いローンを
金利の低いローンに
一本化したい方向けの商品です。





どこの金融機関で借り入れすべきか悩んでいるといった人の為にと思って、各項目で消費者金融をランキング一覧表にまとめております。間違いなく使えると自負しております。
「給料日前に急に友人に呼び出された」などですぐお金が欲しい場合は、無利息で借り入れできる銀行や消費者金融が存在していますので、そうしたところを利用する方がお得だと考えます。
年がら年中即日融資サービスでお金を入れてもらえる仕組みにはなっていません。大方の業者は平日で、かつ午後2時までに手続きを済ませないと、申し込んだその日にお金を手にすることは不可能です。
消費者金融でお金を借りる場合、少額であれば収入証明書は省略できます。チェーン展開している消費者金融の場合、おおむね50万円以下の借入ならば、準備不要となっています。
銀行が管理運営しているカードローンは、原則として300万円以内の借入については収入証明書は提示不要とされているのです。消費者金融と比較検討すると、その点に関しては手間要らずだと言えるのではないでしょうか。

カードローンの借り換えを検討するにあたり、貸し付け金利がどの程度有利になるのかも重要ですが、何と言っても必要な資金を提供してもらえるかどうかが重要になってきます。
どの業者のカードローンが有利なのか比較する場合に、理解しておくべき点は「無利息の期間はどれくらいか」、「即日キャッシングが可能なのか可能じゃないのか」、「収入証明書の添付をしなくても契約できるか」の3点です。
「実情に即した返済プランで借金したい」という人は、低金利が利点のフリーローンを選ぶことをおすすめします。たとえ借りた金額が同じでも、返済合計額が大幅に異なってきます。
低金利で人気のおまとめローンをチョイスするときは、大切な前提条件があります。それと言いますのは、上限金利が他社と比べて低くなっているということです。数十万円くらいの借り入れに関しては、上限金利で計算されることになっているからです。
『即日融資』を謳っていても、ひとつひとつのキャッシング業者によって、即日に資金準備できる時間帯が相違しているので、事前にその時間帯をしっかり確認してから行動に移りましょう。

総量規制により借り入れが制限されるのは、個人的事情によりお金を融資してもらうという場合だけとされています。因って、個人事業主として資金を借りるという時は、総量規制の対象にはなりません。
今の時代、キャッシングの申込方法としてはネットを使用して行うのが常識になってきましたが、専用の自動契約機を準備している銀行や消費者金融会社なら、その自動契約機を利用した申込・契約手続きも可能です。
無利息の適用期間中に返済が不可能だったとしても、お咎め料的なものはありませんから、キャッシングの申し込みを考慮している人は、当然無利息期間を謳っているキャッシングサービスを利用しましょう。
最近人気の無利息キャッシングは、「1回目の利用時のみ」という条件のもと利用できる場合が大半ですが、完済すればそれから以降も無利息で融資してもらえるところもあることを覚えておいてください。
オートバイを購入するなど、使途が規定されている目的別ローンは、金利につきましてはフリーローンを上回る低金利になっているところが特徴です。