銀行カードローン金利比較

スポンサードリンク

スポンサードリンク

新潟県銀行カードローン金利比較

1位 プロミス








⇒【プロミス】審査は最短30分♪



実質年率 4.5%~17.8%

限度額 500万円

30日間無利息サービス

◆10万円を30日間借りると
100,000×0.178÷365×30=1,463

◆30万円を30日借りると
300,000×0.178÷365×30=4,389

◆50万円を30日借りると
500,000×0.178÷365×30=7,315

上記利息分がなんと無料で借りれます!

2位 アイフル



⇒アイフル
実質年利 4.5~17.8%
限度額 500万円

30日間無利息サービス

インターネットでお申込みからご融資まで来店不要で全て完了

最大50万円以下は原則収入証明書類不要!

3位 静岡銀行 セレカ



⇒静岡銀行カードローン[セレカ]
実質年率 年4.0~14.5 %

限度額 500万円

最大45日間分の利息をキャッシュバック

インターネットからのお申込みなら、最短30分審査回答!

新規ご契約の方は、ご契約から最大45日間の利息をキャッシュバック

4位 じぶん銀行



⇒じぶん銀行カードローン

実質年率 年1.7~12.5 % (借換コース)

限度額 800万円

毎回の返済額は1,000円からでもOK!

ATM手数料が完全無料!
全国のコンビニで365日ご利用可能!

5位 おまとめローン 中央リテール




⇒おまとめローンなら中央リテール

ブラックで借入出来ない人も、一つにまとめることで、借りる事が出来る可能性が高まります。

金利の高いローンを
金利の低いローンに
一本化したい方向けの商品です。





契約に必要な審査がいち早く開始されるキャッシングの申込方法と言ったら、オンライン上で行う申込です。本人確認のための書類もWebを通して瞬時に送れるので、申込したと同時に審査がスタートされるというのが一番の特長です。
最近よく耳にするカードローンの借り換えとは、借り入れ利息負担や借り入れ後の毎月の支払負担を軽くすることを目的に、現在貸付を受けている借入先とは違った金融機関に乗り換えることを指すのです。
新たに借金しようという人だったら、まさか年収の3分の1を越すようなお金を借り入れることはないと思うので、スタートラインで総量規制の壁に行き当たるという心配はありません。
貸付にあたって、収入証明書を提出するよう義務づけているのは貸金業法です。そのため、消費者金融でキャッシングを申し込む場合は、収入証明書が必要になるのが一般的なのです。
一般的に銀行が推し進めているフリーローンは低金利であり、貸し付けてもらう金額にも年収の3分の1以内などの制限はかかりませんから、特に多額の資金を調達したい人にマッチした商品となっています。

昨今注目が高まっている無利息キャッシングとは、一定の期間は無利子でキャッシングできる人気のサービスで、全国展開の大手消費者金融などが新規の利用者を確保したいということで展開しているのです。
即日融資を望むわけは、唐突にお金が入り用になったからですが、そんな時に「収入証明書の準備をお願いします!」と言われても、すぐに持ってこられないと思います。
消費者金融の規約で定められている「収入証明書を提出しなければいけない金額」とは、確実に提出が必要な金額という意味で、より小さな金額でも、場合によっては提出を求められることがあります。
電話を掛けることによる在籍確認が行なえない場合、審査をパスすることができないことがあります。そうなってしまったらお金を借りることもできなくなってしまいますから、何としても電話に出る準備だけはしておかなければいけません。
大手が採用している無利息キャッシングは、「初めて利用する時のみ」という規定で利用できるケースがほとんどですが、借入金を全て返済すればその先も無利息で借金できるところもあるのです。

カードローンサービス会社を比較しようとするときに、確認して欲しいポイントをご案内します。「カードローンを利用しようと考えているけど、どの業者で借りるか決められない」と迷っている方は判断材料にしてみてください。
キャッシングの申込方法の中の1つであるWeb申込は、自分の家でも社内でも手続きしようと思えばできますし、審査時間も短くなりますから、即日融資も不可能ではありません。
カードローンの金利を比較する場合は、「上限金利」と「下限金利」の2種類を区分して行なうべきです。なぜかと言えば、金利は「融資金額によって変わる」のが普通だからです。
カードローンの借り換えを行った時に多くあるのが、いくつものローン会社を1つにしたことで一安心してしまって、それまで以上に借金を繰り返し、結局返済ができなくなったという失敗例です。
お金を借りるという時に実行される在籍確認と言いますのは、その日程と時間帯を指定することが可能となっています。とは言っても夜遅い時間や朝早くの時間帯、あるいは数ヶ月も後といった怪しいと思われるような指定は却下されてしまいます。