銀行カードローン金利比較

スポンサードリンク

スポンサードリンク

愛媛県銀行カードローン金利比較

1位 プロミス








⇒【プロミス】審査は最短30分♪



実質年率 4.5%~17.8%

限度額 500万円

30日間無利息サービス

◆10万円を30日間借りると
100,000×0.178÷365×30=1,463

◆30万円を30日借りると
300,000×0.178÷365×30=4,389

◆50万円を30日借りると
500,000×0.178÷365×30=7,315

上記利息分がなんと無料で借りれます!

2位 アイフル



⇒アイフル
実質年利 4.5~17.8%
限度額 500万円

30日間無利息サービス

インターネットでお申込みからご融資まで来店不要で全て完了

最大50万円以下は原則収入証明書類不要!

3位 静岡銀行 セレカ



⇒静岡銀行カードローン[セレカ]
実質年率 年4.0~14.5 %

限度額 500万円

最大45日間分の利息をキャッシュバック

インターネットからのお申込みなら、最短30分審査回答!

新規ご契約の方は、ご契約から最大45日間の利息をキャッシュバック

4位 じぶん銀行



⇒じぶん銀行カードローン

実質年率 年1.7~12.5 % (借換コース)

限度額 800万円

毎回の返済額は1,000円からでもOK!

ATM手数料が完全無料!
全国のコンビニで365日ご利用可能!

5位 おまとめローン 中央リテール




⇒おまとめローンなら中央リテール

ブラックで借入出来ない人も、一つにまとめることで、借りる事が出来る可能性が高まります。

金利の高いローンを
金利の低いローンに
一本化したい方向けの商品です。





銀行というのは「貸金業者」なんかではなく、業務内容がどうあれ「銀行」ですから、貸金業法を順守すべき対象になったりしません。平たく言えば、銀行で借り入れる場合は総量規制を考慮する必要がないということです。
近年のキャッシングは、インターネットを利用した即日融資もできるようになっています。もっとも、申込の日にお金を借りることが必要だと言うなら、「ネット申し込みのみ対応」など、少々条件があるので、まず確かめておくことが大切です。
キャッシングで適用される総量規制には例外が存在します。実際、「おまとめローン」で借金をするという時は、総量規制に捉われることなく、年収の3分の1を上回る借金が可能というわけです。
おまとめローンを活用して融資を受けるなら、まず第一に今より低金利になる銀行が良いでしょう。適用利率が低くないおまとめローンでは、意味は何一つないと言えます。
「毎月受け取っている給料に見合った返済計画で借入を行いたい」という方は、低金利が利点のフリーローンの利用を検討するべきだと思います。借り入れ金が同じだとしても、返済の合計額が大幅に異なってきます。

無利息期間を30日間と決めている業者がほとんどですが、別途7日間という短い期間にする代わりに、借入金を全部返済すれば次月から同条件でキャッシングできるところも存在します。
消費者金融であるとか銀行の金利には最小値の下限金利と最大値の上限金利があるのですが、カードローンの金利を比較する際は、上限金利をチェックすることが必須だとされています。
消費者金融の中にも所定の期間無利息になるサービスがありますが、いいところ新規契約から一ヶ月間限定ですし、客観的に見ても低金利が継続される銀行系のフリーローンを選ぶべきだと考えます。
カードローンを調べると分かりますが、消費者金融系のものであったり銀行系のものであったりと、多種類の商品が揃っているので、商品の選択でミスらない為にも、確実なデータを裏付けに、納得できるまで比較してから申込申請することが肝心です。
カードローンの審査で重要視されるのはキャリアと現在の収入ですが、古い時代の借り入れがマイナスポイントとなることも稀ではないようです。過去に借入していたことは、CICやJICC(日本信用情報機構) などで確認することができるので、誤魔化せません。

おまとめローンを申し込む目的は、高金利のローン会社より低金利のローン会社に借り換えることによって、毎月の負担を軽減するのは言うに及ばず、支払い総額の縮小を適えることに他なりません。
カードローンの審査と言いますのは、申し込みをする際に記入する情報をもとにして、客の信用性を見極めるために遂行されます。真面目に返済できるかどうかという部分が重要視されます。
カードローンの借り換えをすることで得られるメリットは、当たり前ですが金利の負担を減らせることです。普通一旦契約を結んでしまったカードローンの適用金利は、契約期間終了までたやすく下げてもらえないので要注意です。
カードローンの借り換えを利用するときに大事なのが、「どのカードローン会社を選定するか?」です。審査は厳しいものの、ほとんどの場合都銀や地銀の方が、消費者金融と比較検討してみても低金利に抑えられていると考えて間違いありません。
総量規制の適用を受けるのは、個人としてお金を融資してもらうという場合です。従って、一般人が業務に活用するお金として借入れる場合は、総量規制の対象にはなりません。