銀行カードローン金利比較

スポンサードリンク

スポンサードリンク

宮崎県銀行カードローン金利比較

1位 プロミス








⇒【プロミス】審査は最短30分♪



実質年率 4.5%~17.8%

限度額 500万円

30日間無利息サービス

◆10万円を30日間借りると
100,000×0.178÷365×30=1,463

◆30万円を30日借りると
300,000×0.178÷365×30=4,389

◆50万円を30日借りると
500,000×0.178÷365×30=7,315

上記利息分がなんと無料で借りれます!

2位 アイフル



⇒アイフル
実質年利 4.5~17.8%
限度額 500万円

30日間無利息サービス

インターネットでお申込みからご融資まで来店不要で全て完了

最大50万円以下は原則収入証明書類不要!

3位 静岡銀行 セレカ



⇒静岡銀行カードローン[セレカ]
実質年率 年4.0~14.5 %

限度額 500万円

最大45日間分の利息をキャッシュバック

インターネットからのお申込みなら、最短30分審査回答!

新規ご契約の方は、ご契約から最大45日間の利息をキャッシュバック

4位 じぶん銀行



⇒じぶん銀行カードローン

実質年率 年1.7~12.5 % (借換コース)

限度額 800万円

毎回の返済額は1,000円からでもOK!

ATM手数料が完全無料!
全国のコンビニで365日ご利用可能!

5位 おまとめローン 中央リテール




⇒おまとめローンなら中央リテール

ブラックで借入出来ない人も、一つにまとめることで、借りる事が出来る可能性が高まります。

金利の高いローンを
金利の低いローンに
一本化したい方向けの商品です。





上限金利を比較検討して、お得な順に消費者金融をランキング順に掲示しております。「幾らかでも返済額を少なくしたい」とおっしゃる方は、スルーすることなく閲覧してください。
カードローンの審査で貸出不可になる要因として、第一に想定されるのが今までの滞納履歴です。借り入れた経験がたくさんあっても、手堅く返済を行っている人というのは、貸主からしたら大歓迎の顧客だということになります。
貸金業法の一種である総量規制は、過剰な借金からユーザーを守ってくれるものになるわけですが、「総量規制に引っ掛かると、全くもって融資を受けられなくなる」というのは誤りです。
消費者金融におきましては、総量規制の影響で年収の3分の1の範囲内でしか借入不可能です。申込時の年収を確認する為と完済できる見込みがあるのかを判断するために、収入証明書が必要となるのです。
融資における総量規制には例外があります。例を挙げると、「おまとめローン」に申し込むケースでは、総量規制は適用されず、年収の3分の1を越す借入申し込みも可能なのです。

原則として、フリーローンの申込時に担保を用意する必要はないのですが、もっとたくさんの資金を低金利で借用するという様な時は、担保を用意しなければならないこともあると覚えておきましょう。
消費者金融の申込申請時に、収入証明書として代用される事が多いのが、毎月受け取る給与支払明細書です。なにがしかの事情があってこれを用意することが不可能な場合は、書類の提示が不要の銀行カードローンがベストです。
低金利のところでおまとめローンを組むことができたら、利息の負担も毎月の支払い額も減って、営々と借入金を縮減させていくことができると言っていいでしょう。
最近のキャッシングの申込方法でメインとなっているのは、Web申込です。面倒くさいことは全くなく、必要な情報を入力して送信すると仮審査がスタートし、即座に融資できるかどうかの結果が返されます。
お金を借りるという場合は、在籍確認するために就労先に電話連絡があるので、「キャッシングをするくらい大変であることが、社内の上司や同僚に知られることになるのでは?」と危惧する人も稀ではないのではありませんか?

「実情に即した返済プランでお金を借りたい」という人は、低金利が売りのフリーローンをセレクトするべきです。同じ額を借り入れても、返済することになる金額の総計が大きく違います。
昨今はキャッシングの申込方法も複数あり、個人のライフスタイルや都合に応じた方法をセレクトできるので、すごく借りやすくなったと言えます。
総量規制の適用対象となるのは、個人的にお金を借り入れるという時です。それゆえ、一個人が事業資金として融資してもらう場合は、総量規制は適用されません。
おまとめローンを利用するとき、皆さん「どこで借りると有利なのか?」を考えますが、取り敢えず銀行系をピックアップすれば失敗することはありません。
収入証明書が必要不可欠なぶん、銀行以上に消費者金融の方が敷居が高いと言えます。ということで、大きな額の資金調達をしたいのであれば、銀行に話を持って行った方がよいでしょう。